読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

地図のリンク張り直し

こちらのページ:http://www.geocities.jp/electric_sun/ramen_y.htm
各お店の住所に地図をリンクしている。今まではGoogleMapを利用していたが、最近、店舗の場所に×(バッテン)が出なくなってしまった。
ウチの環境もあると思うが(一応3台で試したが、ある条件で×が出なくなる)GoogleMapはストリートヴューとか、機能が豊富になってきているのでその弊害もあるのかもしれない。
そこで少しずつではあるが、地図のリンクをゼンリンに変更している。
ゼンリンなら確実に×が出て店舗をピンポイントで捉える。

作業中一つ気が付いたが、GoogleMapが示すURLより、ゼンリンのURLの方が“圧倒的に短い”のだ。
たとえば同じ山梨県庁の住所「山梨県甲府市丸の内1-6-1」で比べてみる。

GoogleMap
http://maps.google.co.jp/maps?sourceid=navclient-menuext&q=%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E7%9C%8C%E7%94%B2%E5%BA%9C%E5%B8%82%E4%B8%B8%E3%81%AE%E5%86%851-6-1&ie=UTF8&split=0&gl=jp&ei=1n_XScriMozU6gPp6JTeCg&z=16&iwloc=addr
= 209文字

ゼンリン
http://www.its-mo.com/z-128380850-498859290-18.htm
= 50文字

この違いは一体ナニ?文字数4倍以上の差。全部変更すればページの容量もだいぶ違ってくる。

Googleは表示機能をURLに織り込みすぎでこんなになっちゃたのかな。
多機能よりも短いURLで確実に店舗を表現できるゼンリンの方がありがたい。餅は餅屋ということで。