読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

一ツ木水ヶ森林道

サイクリング

[最高地点修正]
午前中少し時間があったので以前から気になっている林道を抜けてみる事にした。
あと、裏山の散策も。


より大きな地図で 一ツ木水ヶ森林道 を表示

GoogleマップへのPCからのインポートが出来なくなっているので一旦サーバーにFTPしてからインポートした。


先ずは裏山から散策。
最近停滞気味のプロジェクトJizoだが、久しぶりに一体見つけた。
大正池の近くの小さな十字路の所。

字が風化していて判別し難かったが「文化四年五月」と書いてあるようだった。

今日は、一本山側(南側)の道を登る。日陰が多くて涼しい。

昭和池では魚の群れを見た。最初は一つの大きな生物かと思ったが、どうも小魚が一塊になって移動しているみたいだ。なんの魚でしょう?農家のお婆さんに訊いたけど知らなかった。

脚氣石神社でお賽銭をすませ、水ヶ森林道へ。晴れているとペダルも軽い。

さて、その林道は、一ツ木水ヶ森林道と言う。(リンク先の真ん中よりやや下)
弓張峠を過ぎること3Kmちょっとで下記のような標識に出くわす。

これを右折したらどうなるのか?以前から気になっていたというわけ。
地図では牧丘の焼山林道と合流するであろう事が分かっているがどんな道だろう。標識には「塩平4.5Km」とある。
ちなみに右折せず直進すると、黒平峠を経てクリスタルライン荒川林道、または乙女高原へと出る。


道はずーっと激しい下り。これを登ってきたら大変だろう。
路面はダートこそ僅かだがガレが転がっていたり、コンクリート打ちっ放しだったり、良いとは言えない。
よくこんな林道閉鎖しないなと、逆に県に感謝したい。

途中、獣道とまではいかないが『ホントに合ってるの?』と不安な箇所もあったが、後から思うと「楽しい」道だった。
県道(焼山林道)まで下りたところ。GPSは4.1Kmだったから標識と大体合ってる。

左に登ると焼山峠。右はR140。

午後は、娘のピアノの発表会のリハに間に合わせようと、牧丘から飛ばして帰ったが、愛宕トンネル手前でギアトラブル。
段差を乗り越えチェーンが踊った拍子にどうかなったらしい。ペダルが回らなくなった。見るとチェーンがありえない向きに曲がっている。
とてもその場で直せる状態ではないと判断。リハーサル会場まで数キロ自転車を牽いた。
開演時間には間に合わなかったが娘の順番にはなんとか到着できた。

家に戻って事態を把握。写真では分かりにくいが、チェーンがねじれてしまった。こりゃダメだ。

スポーツデポで同じチェーンを購入しその日のうちに修復。
コマを合わせようと新旧2本並べたら旧の方がえらい伸びていた。
そんなに距離走っていないと思ったが、時々確認しないとダメだね。
3日前の富士山のときでなくて良かった。

距離:60Km、時間:4時間16分(乗車時間、数キロ徒歩含む)
積立標高:2259m、
最高標高:弓張峠1409m、最低標高:自宅付近300m