こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

近くて遠い湯村山

久しぶりに、自転車にまたがった。骨折して以来2ヶ月ぶりのことである。
この間、ウォーキング/ジョギングで筋力が落ちないようにトレーニングしていたが、使っている筋が違うのでパフォーマンスの低下は避けられないだろう。おまけに怪我をした左手の握力はまだ10Kgに満たないのでブレーキが握れない。よって急な坂道は危ない。片山のコースは自粛。
…という訳で、かなり低めの“湯村山”をチョイスした。
実は湯村山には塩澤寺から先は登った事がなく、一番身近な山でありながらどんな道になっているかなどほとんど知らない。
山手通りから湯村山に伸びている道から登った。自転車は件のマウンテンバイクが廃車状態なので久しぶりにレイダックを出した。
途中、高級そうな“広東中華料理”のお店を右手に坂を登る。坂がゆるいのかブランクをよそに意外と行ける。
しかし数百メートル漕いだ所で道は寸断されていた。

そこからの眺め。富士屋ホテルと同じくらいの高さ程度。


途中随所に見られたガレージ。恐らくガレージの上に家を造り建売する予定だったのではないだろうか?バブルの負の遺産か。山宮ハイタウンよりは便はいいと思うが…
コースとして物足りなかったが、思ったほど筋力が落ちていなかったの励みに、不自由なブレーキをしながら恐る恐る下りた。
明日は下りに注意して片山〜脚気石神社に行ってみようかと思う。