読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

実のない3連休

日常

会社の一斉休暇取得により26日〜28日は3連休となった。
…ところが、
1日目は風邪で38℃を越す熱が出ておまけに喉も痛い。夕方友人のライブを観に行くつもりだったが残念ながら家で寝ていた。
2日目は身内の命日でお墓参り。その他、家の雑用で終わる。
3日目は計画していたサイクリング。・富士山五合目・柳沢峠方面・大弛峠と、どこに行こうか悩んでいたが大弛に行くことにした。決め手は去年の同じ日に大弛峠に行っているからだ。(10年日記は役に立つな)
いつもより遅い朝7時に家を出る。じりじりと夏の太陽が照りつける。脚気石神社を過ぎるあたりでもう汗だくだ。新しい相棒で大弛を越えるのは初めて。激しいダートをクリアできるだろうか?
ところが、帯那山登山道入り口を過ぎたあたりからなにやら空が暗い雲に覆われてきた。さっきまでの夏の太陽は何処に?めげずにペダルを勧めてゆくと
『長野方面から雨雲が接近しています。県内はまもなく雨でしょう。』
とラジオが喋っているではないか!(この日は熊避けにラジオを流しながら漕いでいた。山間部でも意外と受信できた。)
さらに、ラジオから『ザザーッ、バリバリ』とノイズ。空電が発生している。雷雲か?もうヤバいかも。(AMラジオは役に立つな。)
それでも『行けるところまで行こう』と思った矢先、『ポツポツ』と音を立て雨は降り出した。最初は霧雨だったがあっという間に大粒の雨。
残念ながらここで引き返すことにした。雨具の装備もなく上から下までびっしょり。相棒にとっても初めての雨となった。
雨水に濡れた落ち葉にタイヤを取られぬようスピードに気をつけながら帰宅。往路と逆にめちゃくちゃ体が冷えた。
3時間(距離30Km)程度のつまらないサイクリングとなってしまった。
その後雨は上がったがずーっと曇天。風邪がぶり返しそうだったのでふてくされて寝ていた。今日(29日)の晴天がうらめしい。