こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

ハバネロの逆襲

友人にもらったハバネロをハンバーグの合間にかじっていた。辛いと噂に聞いたハバネロ。確かにかなりの刺激だ。しかし果肉が厚い分どことなくフルーティー。辛いパプリカといったところだろうか?和唐辛子の直線的な辛さとは一線を画する。
『“想定内”の辛さだな』と思いながら食べていた。
…しかし、ここれからが本当のハバネロ地獄の始まりだったのだ。

ハバネロの果肉から出た成分が手に付いていることに気が付かず、目をこすってしまった。
数秒後、まぶたと眼球に『焼き火鉢を当てられたような』激痛が走った。
今まで経験した事の無い痛み。拭い取ろうとティッシュで拭いたが拭いた分痛みが広がってしまった。両目が開かない!
『イタイ!イタイ!』『アツイアツイ!』と部屋中を右往左往している僕を、家族はふざけているのだと思ったらしく笑いながら観ていた。マジでヤバイのに!
流水で洗い、氷で冷やしたりの繰り返しで、およそ20分後、なんとか目を開けられるようになった。ヒリヒリは数時間続いた。

恐るべしハバネロ。和唐辛子ではこんな事は無かっただけに油断大敵である。調理の後や、生でかじった後は必ず手を洗おう。