こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

河口湖〜山中湖〜相模湖コース


より大きな地図で 山中湖〜相模湖サイクリングコース を表示

ほぼこんな感じで走ってきた。
僕はよく地図を見ながら自宅を起点になるべく同じ道の往復は少なくし一筆書きで戻ってこれるコースを考える。今回もそんな考えで『行けそうだな』と思ったコース。

あさ7時前に家を出る。R20では下り方面へ向かう自転車軍団を沢山見かけた。なんかイベントでもあるのかな。
御坂トンネルを抜けると視界にドーンと飛び込んでくる富士山。いつも圧倒される。天気が良かった。

河口湖畔、逆さ富士。釣り舟が出ていなければもっとハッキリしたかも?

山中湖畔あたりから「津久井」の文字が。マリモ通りって言うらしいけどマリモいるの?

「平野」の信号を曲がるとR413道志道。自分にとって初めて走る国道だ。

ここから山伏峠のトンネルまでは登り。今回のピークと思われる標高1100m。あとは道志川に沿って標高500mを中心とした多少のアップダウンはあるもののずっと下り。

今回のコースは車、バイク、自転車、全て多い。危なくは無かったが騒音、排気ガスは自然との一体感を阻害し疲れを助長させる。事実、撮影する写真も少なかった。
また都心から山中湖方面を目指す自転車軍団とこれでもかと言うほど多くすれ違った。去年走ったR411青梅街道よりも圧倒的に多い。代表的なコースなのだろうか。ちょっとウ○かった。

県境手前の大渡という所にあった湧き水。水分を補給した。

神奈川県突入。時計は11時半。距離は100Km弱を指していただろうか。

R413→R412に乗り換え。お店が多くなってきた。

さがみ湖ピクニックランドを右手にすぎると左に相模湖が見えてきた。
自宅からみて最深箇所と思い撮影。(後で気が付いたが最深箇所は手前の「三ヶ木」の交差点だった)

相模湖を過ぎ、R412→R20へと左折。

山梨県に再突入。上野原で食事。6年前に一度だけ来た人気店“桂山”を、僅かな記憶を頼りに探し当てる。国道から外れた住宅地に構えているのでわかりにくい。チャーシューワンタン美味かった。

腹も一杯になったし、あとはのんびり帰るだけ。それにしても今日は暑かった。笹子川に下り足を冷す。
笹子峠は避け、笹子トンネルを利用。驚いた事に『自転車通過 注意』の電光掲示が。もしかしてモニタしているのかな。

勝沼付近で埼玉県から甲府を目指しているという若者と信号待ちの際、すこしだけお話した。
17:30自宅着。
距離191Km、時間9時間(食事休憩除く)。
最大標高差936m。(最高標高:山伏峠の1100m、最低標高:三ヶ木道志橋付近の 164m)

自分には林道が合っていると痛感した。このコースはもういいや。