こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

信州峠の様子を見てきた…しかし…

ホームの水ヶ森林道が走れる状態ではないので、このごろ毎週茅ヶ岳 広域農道からハイジの村を過ぎ、その後は適宜アレンジしたコースを走っている。

この日(1/19)は、信州峠を超えて、野辺山から帰ってくるつもりだったが下図のように信州峠手前6Kmのところで路面凍結の為、引き返してしまった。
GPSロガーが補足したコースは以下。


より大きな地図で 信州峠の登る途中 を表示

向かい風が強く、何度も押し戻されそうになる中、塩川ダムまで来た。ここらまでは目立った凍結はなかった。
ダムは結氷してスケートが出来そう。

瑞牆山。雪を被るとまた違った感じ。

トンネルを抜ける度に雪が目立ち、凍結箇所も多くなっている。

北杜市小尾集落付近。山影になっている箇所では広範囲で路面が凍結。時刻も14時を回り、信州峠を超えR141野辺山周りで帰ると日没は避けられない。
先が思いやられるのでここで引き返した。(出発が11時半と言うところに無理があった。)

昇仙峡や、琴川ダムまでの雁坂道は凍結防止の塩化カルシウムが沢山撒かれているが、信州峠までの県道610号線は植生や農作物への配慮だろうか殆ど撒かれていない。

ピストンになるが、またハイジの村を過ぎ帰った。あまりこの道は帰路に選ばなかったので気が付かなかったが、富士山がよく見えるんだね。振り向けば八ヶ岳。良いロケーションだ。


山岳サイクリングがやり難い季節だ。早く春にならないかな…