読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

挫折の高ボッチ山(高ボッチ高原)

10/16(日)天気がいいので自転車を出した。
GPSロガーが補足したコースは以下。

 今日は以前から行ってみたかった長野県「高ボッチ山」を目指した。
山梨県甲斐市韮崎市の境に「ホッチ峠」という峠がある。どちらも似た変な名称だが、関連性はあるのだろうか?いや、ないだろうな…

出発が8:45と遅く、その後の計画に影響が出た。

順調に県境。
f:id:hirohiro:20161017204155j:plain

長野に来た感じが高いR20の左巻きのカーブ。
f:id:hirohiro:20161017204158j:plain

富士見峠。
f:id:hirohiro:20161017204201j:plain

諏訪湖の湖畔でコンビニ弁当。
f:id:hirohiro:20161017204204j:plain

往路はR20から県道16号へ乗り換え、珍しく南側の湖畔道路を使った。いい天気だね!
f:id:hirohiro:20161017204207j:plain

ふたたびR20に合流。そして塩尻峠。
f:id:hirohiro:20161017204210j:plain

塩尻峠を過ぎてまもなく、高ボッチ高原の案内が現れる。
f:id:hirohiro:20161017204213j:plainf:id:hirohiro:20161017204215j:plain

国道をちょっと入っただけで、この林道感!途中自販機とかない。これは失敗した!
f:id:hirohiro:20161017204218j:plain

このまま高ボッチ山を目指すつもりだった。しかし…手前4Km、標高1220m付近でリタイア。(目的地は標高1620m)
理由は、一言で疲労。脚がめちゃくちゃ疲れた。これではたとえ登れたとしても帰れない。またヒッチハイクになるぞ!

あと、水分がまるで無い。この様子だとおそらく頂上まで自販機などないだろう。

と言うわけで今日は決断が早かった。13:40残念ながら引き返す。
次回は体力たくわえもっと早く家を出よう。

帰りにも立ち寄った、失意の諏訪湖
f:id:hirohiro:20161017204221j:plain

『高ボッチで ひとりボッチ』というコメントを残したかった…

 

帰りは、余力を残しておいたおかげで順調。湖北(R20)を通り、せめて完全なピストンにならぬよう変化をつけた。

ライト設備もないのでラジオで日本ハムファイターズのリーグ優勝を聴きながらゆっくり帰った。抑えで登場した大谷投手が球速165Km/h叩き出してたな。すごいなぁ
18:05帰宅。

 

距離160Km、時間9時間15分(サイコンが止まってたので概算)。
最高標高:高ボッチ山手前1220m、最低標高:自宅付近 290m