こころの気圧配置図

甲府市北部を起点にしたサイクリングコースを提案しています。その他、日常のこと、園芸のことなど、右下の「カテゴリー」からどうぞ。

ホッチ峠

ヘンな名前の峠だ。甲府と韮崎と北杜市の境目付近にある。標高は1100m。
今日は自転車でこのホッチ峠に行ってみる事にした。
コースは、自宅→片山(千代田湖)→昇仙峡→金桜神社→ホッチ峠→韮崎市→自宅。
金桜神社を過ぎ、下ると閉店中のラーメン屋のあるT字路にでる。いつもは左だが今日は右に曲がった。
右手に清川つり堀をみて更に進むと分かれ道がでてくる。標識に左「韮崎峠」となっているがどうやらこれがホッチ峠のことらしい。
自信が無いので(地図不携帯)トラックの運ちゃんと農作業中の人に訊いたが『知らない』という。地元の人にはあまり認知されていないのかな。確かにウチから一番近い“金子峠"について訊かれても去年まで知らなかったからな。案外そんなもんだろう。
直進した場合、去年通った観音峠、長窪峠、木賊峠へと通じるクリスタルラインへの入口となる。

家を出たときは曇天だったが、抜けるような青空になった。峠を目指し左にゴルフ場を見ながらペダルを漕ぐ。導入部分はキツかったが後は割とゆったりしている。平均して7%無いだろう。
やがて頂上と思しき地点に到着。

「ホッチ峠」を示す標識らしきものはないが唯一「ホッチ峠のマンジュウ石」と書かれた看板があった。どうやらここが峠か?

下りに入り振り返ってみたところ。他に頂上があるのではと思い「安暖亭」というお店の前で植木の手入れをしているオバサンに訊いてみたら正にあそここがホッチ峠だという。『なにも無いでしょ』だって。その通りだ。通っていて気が付いたがこの辺りは場違いに洒落た店が多い。ゴルフ場が近いからだろうか?

更に下ったところで視界が開けた。南アルプスの山々。そのままずっと下り韮崎ICで左に折れ双葉、敷島を抜けて自宅へ。
距離:40.6K、時間:2時間50分
年度末という事もあってか道路工事が多かった。花粉も沢山吸い込んでいると思うのでこれから鼻水が出ないか心配。
今日はこの後、子供をドラえもんの映画に連れて行く予定だったがカゼで熱を出してしまったので中止。だからいまこれを書いているという訳。僕も少し寝ようかな。